Q:ファミリー・コンステレーションで対応できるケースはどんなものがありますか

A:次のような問題、悩みを持つ方がファミリー・コンステレーションを受けています。

  • 生きているという実感が湧かない
  • 結婚したいと思うが相手が見つからない 親密な関係になるのが怖い
  • 結婚したいと思うのに、付き合う人はいつも恋人や妻子がいる人になる
  • 女性であることが疎ましい、女として生まれてこなければ良かった
  • 子どもができない 子どもが欲しくない セックスレス セックスするのが恐い
  • 一生懸命やっているのになぜか認められない、リストラになったり、勤め先がつぶれたりする
  • 罪悪感がいつもあって、どうしてなのか理由が思い当たらない
  • 自分の家系には離婚している人や浮気を繰り返す人が多い
  • 自分の子どもや親、兄弟とまったく行き来がない 家族内で争いが絶えない
  • 親も含めて、人とのつながりが感じられない
  • いつもなぜか悲しい感じがしている 死んでしまいたい
  • この世に存在する権利がないような気がする
  • 自分の父親は統合失調症だった、そして、今、自分の兄が同じ病気と診断された
  • ずっとうつ状態が続いている パニック障害である 摂食障害の娘がいる
  • 息子がいじめにあっている 娘が登校拒否になった

 

「アイアムアイ・ホリスティック研究所」より引用)

 

Q:代理人は演技をしなくてはいけないのですか?

A:いいえ。

ワークの中でクライアントの家族の代理人などをお願いすることがあります。

代理人は何か演技をしなくては?と不安に思っている方もいらっしゃいますが、その必要は全くありません。ファシリテーターからの質問にその時感じていることを伝えてくださるだけでOKです。 

Q:ワーク(働きかけ枠)は3日間参加の方が優先されますか?

A:いいえ。

ワーク(働きかけ)をご希望の方は申込み時にご希望を承っています。

3日間通しで申し込んだ方が優先されることはありません。ご希望多数の場合は、事前に働きかけ枠を締め切る場合もございます。どなたのワークを取り上げるかは、全ては当日ファシリテーターに一任させていただいています。

 

ワークを受ける、代理人として参加するなど、どの立場で参加してもワークの効果にはかわりがないとされています。代理人として参加することで、深い気付きと経験が起こることも珍しくはありません。

Q:お金とビジネスに関するワークショップとは?

A:ワーク方法や進め方は、2日間のワークショップと同じですが、お金とビジネスに特化した問題を家族システムを通じて学んでいきます。どなたでも参加できますが、以下のような方にもおすすめです。

 

・ビジネスにおいて迷っている経営者、自営業者の方

・従業員が定着しない、すぐ辞めてしまう

・部下や同僚、上司が信用できない

・頑張って働いてもお金が貯まらない、すぐ使ってしまう

・お金や仕事に関すること全般